内科・小児科・呼吸器内科・アレルギー科・漢方内科
東京都江戸川区鹿骨1丁目のコウクリニック

コウクリニック
ご予約・お問い合わせ03-5666-5929

〒133-0073
東京都江戸川区鹿骨1-34-6大場ビル1F

コウクリニック 院内感染対策指針

■院内感染対策指針
1. 院内感染対策指針の目的
この指針は、院内感染の予防・再発防止策及び集団感染事例発生時の適切な対策などコウクリニックにおける院内感染対策体制で医療サービスの提供を図ることを目的とする。
2. 院内感染対策に対する基本的な考え方
地域医療の貢献を目指す当院において、院内感染対策を講じることは、患者・職員を守るだけでなく、地域における耐性菌の発生防止や医療コストの軽減からも重要である。
  院内においては感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在している。手厚い医療的なケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクはついてまわる。
このリスクを最小化するには、すべての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する標準予防策(スタンダードプリコーション)の観点に基づいて医療行為を実施する。あわせて感染経路別予防策を実施する。
  この考え方に基づいて、院内感染対策活動の必然性、重要性を全部署及び全職員に周知徹底し、「院内感染対策マニュアル」を基本に、現場のスタッフからのフィールドバックを常に得ながら、取り組みを行うものとする。
3. 委員会等の組織に関する基本的事項
小規模な当クリニックにおいても、院内感染予防対策のための組織として、「院内感染対策委員会」を設置する。委員会は、院長を委員長とし、全スタッフが参加する組織と定める。
院内感染に対する対策の協議をするとともに、院内感染を防ぐための実務、感染対策に関する教育、情報伝達及び現場の意見の聴取、医療の質の向上を図ることを目的に、原則3カ月ごと定期的に開催する。
4. 職員研修に関する基本方針
当院の院内感染予防策について、すべてのスタッフが理解し、状況の変化に対応できることが必要である。このために、全スタッフを対象に感染予防対策に関する勉強会・研修会を原則年2回開催する。また、新規スタッフへは現場での教育、情報の伝達を円滑に行うよう各スタッフが務める。「院内感染対マニュアル」は、いつでも確認できるように受付・処置室などに配置する。
5. 感染症の発生状況の報告に関する基本指針
院内感染とは、病院内で治療を受けている患者が、原疾患とは別に新たな感染を受けて発病する場合を指す。なお、クリニックに勤務するスタッフが院内で感染する場合も含まれる。
  院内感染症事例や法令に定められた感染症の届出及び院内での耐性菌動向サーベイランズを行い、必要に応じて院長への報告、検討、現場へのフィードバックを行う。
6. 院内感染発生時の対応し関する基本方針報告
集団院内感染(アウトブレイク)が発生した場合、院長へ報告する。院長・スタッフは協力して初期対応、原因微生物の特定、感染拡大抑制に努める。緊急を要する感染症で深刻なものである場合は、緊急対策を講ずるとともに再発防止及び対応方針を検討する。
7. 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本指針
本指針は、ホームページにおいて一般に公開する。
8. その他院内感染対策のために必要な基本方針
院内感染防止対策委員による定期的な院内ラウンドの実施、「院内感染対策指針」に則した院内感染対策マニュアルを整備し、定期的な見直しを行い院内感染対策の推進を図る。

TOP